インドネシア タンブガン・ネガラ銀行(BBTN)

インドネシア証券取引所(IDX)の上場銀行タンブガン・ネガラ銀行
Bank Tabungan Negara(BBTN)では1897年に設立された金融機関で従業員
7800名います。
商業銀行サービス、両替サービス、クレジットカードなど、2013年末までで
87支店でそのうちシャリア支店(イスラム金融サービス)は22支店あります。
同銀行は旧行名Bank Tabungan Pos銀行でした。
2013年末の総資産は131兆1697億ルピアでした。
純利益では15億6216万ルピアでした。

1963年にPT Bank Tabungan Negara(Persero) Tbkとなっています。
本店はジャカルタにあります。
同銀行では郵便会社のPT Pos Indonesiaと業務提携を強め2013年の収入1.9兆
ルピアから、収入3.0兆ルピアを目指すとしています。

PT Pos社の代表Budi Setiawan氏はBBTNとポス・インドネシアと顧客層が
重なるとしていて、
カウンターサービス、ATMはポスインドネシアの郵便局の近くにあるとしています。
ポス・インドネシアのWebを通じた決済や資金移動サービスも共同で進めています。