インドネシア タンブガン・ネガラ銀行(BBTN)

インドネシア証券取引所(IDX)の上場銀行タンブガン・ネガラ銀行
Bank Tabungan Negara(BBTN)では1897年に設立された金融機関で従業員
7800名います。
商業銀行サービス、両替サービス、クレジットカードなど、2013年末までで
87支店でそのうちシャリア支店(イスラム金融サービス)は22支店あります。
同銀行は旧行名Bank Tabungan Pos銀行でした。
2013年末の総資産は131兆1697億ルピアでした。
純利益では15億6216万ルピアでした。

1963年にPT Bank Tabungan Negara(Persero) Tbkとなっています。
本店はジャカルタにあります。
同銀行では郵便会社のPT Pos Indonesiaと業務提携を強め2013年の収入1.9兆
ルピアから、収入3.0兆ルピアを目指すとしています。

PT Pos社の代表Budi Setiawan氏はBBTNとポス・インドネシアと顧客層が
重なるとしていて、
カウンターサービス、ATMはポスインドネシアの郵便局の近くにあるとしています。
ポス・インドネシアのWebを通じた決済や資金移動サービスも共同で進めています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。