タイ 選挙管理委員会(EC)立候補のいない28の選挙区

タイの選挙管理委員会(EC)では憲法裁判所へ向けて立候補のいない28の選挙区
に関して判断を出すように求めています。
判断材料はの3つ挙げていて
●選挙管理委員会ECは立候補者を建てることを促し、新選挙日を実施する日程を
進めるのかどうか
●新選挙日の設定する権限が無いのであれば、前回の下院解散宣言の変更する
べきなのか
●候補者のいない選挙区のみ再選挙か、それとも全体での総選挙を実施し直すべきか

タイ憲法のは内容下では下院選総選挙の投票日から原則30日以内に下院を開会する
と規定しているものの、依然として投票実施されていない地区もあり、暫定的な
インラック政権が政権運営する状態が続いています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。