タイ メジャーシネプレックス(MAJOR)CLMVなどで展開

タイの映画館大手メジャーシネプレックスMAJOR CINEPLEX(MAJOR)は隣国の
CLMV(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)などでの展開を目指します。
7~8のスクリーンを持つ映画館をBt1億2000万バーツ掛けてOPENするとしています。

同社の会長Vicha Poolvaraluck氏はタイ国内は経済停滞や政情不安があるものの、
隣国の外資規制に合わせ順次進出を進めるとしています。
すでにタイの映画やTVコンテンツは衛星TVなどで認知度があるとし、40の
新スクリーンを8億バーツ掛けて建設、またスクンビット・プロンポン駅前に
開発中の2014年年末開業予定EmQuartierショッピングセンターでは最新型の
映画館を設置する予定です。
またターゲット層は高齢者を目指すとしています。

2013年度の同社は売上82億3900万バーツ、純利益で10億5100万バーツ。
映画チケット販売枚数は3100万枚。前年比23%増でした。
2014年度は10%増でした。