タイ 中央政策金利

タイ中央銀行は、政策金利を+3.00%に据え置くことを決定しています。
タイの国内内需が堅調なためとしています。
一方でゆるやかに欧州経済危機の影響で輸出が落ち込む見方が出ていて
利下げを支持する委員もいました。

2012年度のタイの輸出の伸びは下方修正された見通しの+7.0%増を
下回る可能性があるとしています。
国内総生産(GDP)伸び率は+5.7%になるとの見通しを据え置いています。

世界的な需要鈍化によるタイの輸出への影響は一段と強まり2012年の
輸出伸び率は予想を下回る可能性があるとコメントしています。

最近では各商業銀行は+3.0%~3.25%台の定期キャンペーンを開始しています。
預け入れ金額はミニマム20万バーツ台から開始としています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。