マレーシア ゴム手袋

マレーシア国内のゴム手袋メーカーは、5~10年の設備投資計画を掲げ、
3億~5億リンギを投資して機械化を推進していく計画です。
上昇する労働コストの削減を図る方針を打ち出しています。

2013年1月よりマレーシアでも最低賃金引上げが実施される予定で
1人当たりの給与が月額900リンギとなることが予定されています。

東南アジアではタイ、インドネシア、マレーシアでゴム製品の生産が盛んで
世界シェアの80%近くを占めています。

しかし、マレーシアでもゴム産業は労働力の確保が問題となっています。
マレーシア政府が2012年 外国人労働者の労働許可書の認証を大幅に削減
していることで、マレーシアゴム産業界の労働力不足が深刻化しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。