2014年インドネシアの新車(自動車)販売台数統計調査-タイを抜き東南アジア最多へ

インドネシアの自動車産業が好調で、アメリカ系の調査会社フロスト&サリバンの発表では、2014年の新車販売台数は国内内需の増加で2013年度・123万台から2014年度は131万台まで増加する見通しです。

東南アジアではこれまでタイがトップを走ってきましたが、2014年度タイは前年比-11%の117万台になる予想で、インドネシアが首位になるとされています。

インドネシア自動車製造業者協会の数字では新車販売台数は
2009年 486,000台 2010年 764,710台
2011年 837,948台 2012年 1,116,230台
2013年 1,229,901台 となっています。
インドネシアでは今後も自動車市場拡大が続くと予想されています。