タイ DRSプロパティ(未上場)

タイ南部パッタニー県で不動産事業を展開するDRS Property社は
コンドミニアムの開発と商業コミュニティモールの開発に20億バーツを掛けて
2013年半ばからマレーシアで開発を進めていくと発表しています。

CEOのIbrorheng Cheali氏は資本金1億バーツの同社は年間で1~2の
商業施設をパッタニー県で開発を進めてきたが、近隣マレーシアへ進出
することで広大な土地と今後のアセアン経済共同体で人口の移動がより
多くなるためビジネスチャンスと考えたとしています。

候補地はマレーシア・クアラルンプールの20ライ・3.2ヘクタールの
所有権ありの不動産です。同開発地にはマレーシア地場の開発業者も
関心を示しているために共同開発も視野に入れ進めていくとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。