タイのインタッチコーポレーション、カンタナグループと提携し放送事業を開始

シンガポール資本、タイのAISなどを保有する通信企業インタッチコーポレーション
(INTOUCH)では、多角化事業としてタイ国内TVコンテンツ制作、映画制作の事業大手
カンタナグループと提携し放送事業を開始するとしています。
通信大手が狙うのはデジタル放送解禁により双方向ビジネス、TVビジネスの拡大が
今後見込めるためとしています。
合弁企業は4000万バーツの資本金で、インタッチ側は子会社のインタッチメディア
を通じて2000万バーツを投資。

シンガポール資本、タイのAISなどを保有する通信企業インタッチコーポレーション
(INTOUCH)では、多角化事業としてタイ国内TVコンテンツ制作、映画制作の事業大手
カンタナグループと提携し放送事業を開始するとしています。

通信大手が狙うのはデジタル放送解禁により双方向ビジネス、TVビジネスの拡大が
今後見込めるためとしています。
合弁企業は4000万バーツの資本金で、インタッチ側は子会社のインタッチメディア
を通じて2000万バーツを投資。

今回の合弁を機に既存事業との相乗効果を狙う計画です。

また、同社ではアメリカのドラマをリメイクし”Gossip Girl”シリーズを放映する
計画も出しています。
2013年年末にNBTCにおけるデジタル放送入札に参加しましたが、落札出来なかった
経緯がありました。
一方のカンタナグループはアメリカのワーナーブラザーズの放映権を保有していて、
タイで放映出来る様々なコンテンツを所有しています。

INTOUCH社の2013年度の通年の業績は売上で245億8100万バーツ
純利益では145億6700万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。