セメン・インドネシア、パプアへ工場建設調査へ

By: JR FCC BY 2.0

インドネシアのセメント企業、セメン・インドネシアPT Semen Indonesia
(SMGR)では、パプアへ工場建設へ調査を開始しています。
同国でのセメント需要拡大の可能性を確認します。
セメン・インドネシアの代表取締役Dwi Soetjipto氏は候補地として、Jayapura
またはManokwariで両地区は石灰岩採掘に近いとしています。

インドネシアのセメント企業、セメン・インドネシアPT Semen Indonesia
(SMGR)では、パプアへ工場建設へ調査を開始しています。
同国でのセメント需要拡大の可能性を確認します。
セメン・インドネシアの代表取締役Dwi Soetjipto氏は候補地として、Jayapura
またはManokwariで両地区は石灰岩採掘に近いとしています。

同社は早めに結論をまとめ、2015年度予算に組み入れることが出来るとし、3年内
に稼働が出来るとしています。
同工場は初期段階で60万トンの生産能力を保有し、今後備えるインフラプロジェクト
への利用に向けて供給出来る見込みです。

パプアではインフラ開発に向けてセメント需要が切迫していて、年間60万トン以上
を消費するとしています。
その数字はインドネシア全体の年間150万トンの40%であるとしています。
同社の同業他社では、Indocement Tunggal Prakarsa
インドセメント・ツンガル・プラカサ(INTP) Semen Bosowaセメン・ボソワ
(未上場)などがライバル企業となります。

現状パプアのセメント市場はSemen Indonesiaセメン・インドネシア(SMGR)社、
またはSemen Tonasaセメン・トナサ(未上場)社が供給しています。

セメン・インドネシア(SMGR)の2013年度の業績は売上で24兆5012億ルピア、
純利益では5兆3702億ルピアでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。