環太平洋アジア地区の経済成長率予測

環太平洋アジア地区の経済は堅調に推移していて、今後2年は伸び続けると
期待されています。
格付け企業のスタンダード・プアーズStandard & Poor’sでは
“Asia-Pacific Growth”に関するレポートを発表。
しかし、アメリカ経済の影響を受けることも指摘しています。

環太平洋アジア地区の経済は堅調に推移していて、今後2年は伸び続けると
期待されています。
格付け企業のスタンダード・プアーズStandard & Poor’sでは
“Asia-Pacific Growth”に関するレポートを発表。
しかし、アメリカ経済の影響を受けることも指摘しています。
環太平洋アジア地区の経済成長率予測は+5.3%とし、2015年は+5.4%を
見込んでいます。
新興国ではさらに+1.0%の成長が進んでいくとしています。

また同レポートでは中国の不動産市場の低迷が始まると予測。
各市場、各国での金利引き上げも始まると想定しています。

日本では2014年4月から消費税の引き上げの影響から、第2四半期に
大きなマイナス成長であったことを挙げ、今後回復基調になるとしています。