タイ投資委員会が首相府直轄になる

2014年9月、タイの暫定軍事政権ではタイ投資委員会(BOI)の管轄をこれまでの
工業省から首相府傘下へ変更することを発表しました。
BOI監督機関の変更に関して議会承認やプロセス手続きの長さを短縮することが
目的で、BOIの機関の引き上げも狙いです。

2014年9月、タイの暫定軍事政権ではタイ投資委員会(BOI)の管轄をこれまでの
工業省から首相府傘下へ変更することを発表しました。
BOI監督機関の変更に関して議会承認やプロセス手続きの長さを短縮することが
目的で、BOIの機関の引き上げも狙いです。

2014年1月~8月までの海外直接投資金額は前年同月比-8.8%減で、2883億バーツ。
申請件数は550件となっています。
申請数のうち1億バーツ以下が61%、1億~10億バーツ未満31%、10億バーツ以上が
7%となっています。

国別では日本が最大で1000億バーツ。
2位はルクセンブルグ584億バーツ、3位アメリカ406億バーツ、4位韓国139億バーツ、
5位シンガポール111億バーツとなっています。