タイのブリラム・シュガーがIPO実施

タイで第3番目の製糖事業ブリラム・シュガーBuriram  Sugar(BRR)社は
タイ証券取引所へIPOを実施します。
1株Bt6.80バーツで11月に上場する予定です。
同社は製糖事業とエネルギー事業で展開していて、2番目のバイオマス発電所(8MW)も
加わり、エネルギー事業は2015年で30%の売上比率を目指します。

タイで第3番目の製糖事業ブリラム・シュガーBuriram  Sugar(BRR)社は
タイ証券取引所へIPOを実施します。
1株Bt6.80バーツで11月に上場する予定です。
同社は製糖事業とエネルギー事業で展開していて、2番目のバイオマス発電所(8MW)も
加わり、エネルギー事業は2015年で30%の売上比率を目指します。

IPOの資金調達で製糖処理能力の向上、バイオマス発電所の建設、債務の返済などを
進めます。
2013-14年度のBRR社は2014年度の売上は二桁成長を予測していて、2013年度は売上
で40億バーツ、純利益で2億556万バーツでした。

タイには既に製糖系事業者として、Khon Kaen Sugar Industory(KSL)社があり、
2013年度の通年の業績は
売上 197億1700万バーツ 純利益 16億6100万バーツでした。
製糖事業、バイオマス発電、エネルギー事業を展開しています。

Khonburi Sugar(KBS)社は2013年度の通年の業績は
売上59億7200万バーツ 純利益 5億0100万バーツになっています。
同社は製糖・発電事業を営む企業で三井物産と三井製糖が出資しています。
1.Khonburi Capital 26%
2.MITSUI & CO., 11%
3.MITSUI SUGAR CO., 5.5%   となっています。