タイとラオスでの光ケーブル計画の事業調査

ラオスの電力開発・送配電の国営ラオス電力公社Electricite Du Laos(EDL)
ではスカイ・テレコム社、タイ国営電力公社(EGAT)社と共に光ファイバーケーブル
事業の事業可能性を調査するとしています。
ビエンチャンにて交わされたMOU(覚書き)の内容として光ファイバーケーブルで
インターネット・通信回線のインフラ構築を目指すとしています。

ラオスの電力開発・送配電の国営ラオス電力公社Electricite Du Laos(EDL)
ではスカイ・テレコム社、タイ国営電力公社(EGAT)社と共に光ファイバーケーブル
事業の事業可能性を調査するとしています。

ビエンチャンにて交わされたMOU(覚書き)の内容として光ファイバーケーブルで
インターネット・通信回線のインフラ構築を目指すとしています。
EDLの代表取締役Sisavath Thiravong氏
スカイ・テレコム社のダイレクターKhamkhith Saysongkham氏
EGATインターナショナルの執行代表Thana Putarungsi氏がサインを交わしています。

ラオス電力公社はラオス証券取引所へ上場(2011年)していて、ラオスの発電事業
(主に水力発電)を手掛けています。

2013年2月におけるラオス国内の電力設備はNamNgum5やTheun Hinboun拡張ダムの
稼動により合計3,000MWとなっています。
また、長期的には8つの水力発電ダムと1つの火力発電所が建設中となっていて、
計画中の発電事業を合わせると80事業、合計で20,674MW、で10万GWh/年の発電が
可能となる見込みです。
多くの発電した電力はタイ、ベトナム、カンボジアなどへ売電されるとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。