タイの国内線、国際線のマーケットシェアでエアアジア健闘 アジア・アビエーション

タイ航空のマーケットシェアは1位ですが、タイエアアジアが健闘しています。
同社のスタートは持ち株会社アジア・アビエーションASIA AVIATION(AAV)で
スタート。
マレーシアのエアアジア(AAIR)とタイ資本家との合弁事業で2006年設立され、
その下にタイエアアジアThai AirAsiaを設立しています。

2013年度の1月~6月期のタイ国内航空会社シェアでは
1位 タイ国際航空29% 2位タイエアアジア27% 3位ノックエアー25%
4位 バンコクエアウェイズ16%となっています。

タイ国際線で同時期の航空会社シェアでは
1位 タイ国際航空 30%   2位 タイエアアジア7%
3位 エミレーツ航空 3%   4位 キャセイパシフィック 3%
5位 エアアジア(マレーシア)3% などになっています。

CAPA – Centre for Aviation & Innovat調査より引用

タイ航空のマーケットシェアは1位ですが、タイエアアジアが健闘しています。
同社のスタートは持ち株会社アジア・アビエーションASIA AVIATION(AAV)で
スタート。
マレーシアのエアアジア(AAIR)とタイ資本家との合弁事業で2006年設立され、
その下にタイエアアジアThai AirAsiaを設立しています。
2012年にAsia Aviation Plcはタイ証券取引所へIPO。
証券コードはAAVで上場しました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。