大手ケーブルTV番組、衛星TV番組でタイ国家放送通信委員会NBTCが規定しようとしている規則

大手ケーブルTV番組、衛星TV番組ではタイ国家放送通信委員会NBTCが
規定しようとしている規則に関して、チャンネルを割り当てチャンネル1~36は
terrestrial-based digital stationsとしています。

その中で1~12は公益放送へ割り当て 13~36までは24の商業チャンネルへ割り当て
37~48までは地域的な情報サービスにする予定です。
この決定は消費者にとって分かりやすく、シンプルな基準として導入します。

大手有料放送大手トュルーヴィジョンTrueVisions Groupでは
有料放送TV局側の負担が大きく、年間の番組運営コストは10億バーツ以上になると試算しています。
同社は現在有料放送最大手で地上波放送と、有料放送との間でダブルスタンダード
になっているとしています。

同業他社にはPSI Holdings, CTH, GMM Broadcasting, IPM TV, TV Directなどが
今回のルール規定に反対の意見を表明しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。