タイの政情不安により2015年の総選挙ではタイ証券取引所に影響すると予測

タイの政情不安により2015年の総選挙がタイ証券取引所に影響すると予測されています。
テスコ証券ではTisco Wealth Investment Forumにてコメントし
一部では総選挙の実施を早く求める動きを主張していますが、
国家改革と憲法の改正には時間が掛かるとしています。

タイの軍事政権が設立したNRCのタイムラインでは憲法草案を
60日以内に提出しなければならず、11月4日後 提案される予定です。
2015年の年末または2016年で総選挙を実施するとしています。

同証券会社ではデフェンシブ銘柄として食品、インフラ、旅行など
何度も利用するビジネスなどを推奨しています。
またアメリカの金融緩和が終わりを見せる中で金融流動性は低くなると見ています。