タイ通信大手トゥルー・グループが高速通信網を整備

CPグループの傘下、タイ通信大手トゥルー・グループ(TRUE)では
デジタルエコノミーの到来に備え400万世帯に高速通信網を整備するとしています。
投資額は2年間でBt430億バーツでブローバンドネットワークの強化を進めます。

CEOのSuphachai Chearavanont氏は
同社は、1992年テレコムアジア社の社名をトゥルー・コープへ変更してから
タイの通信事業の民間部門を牽引してきました。
今回の大規模投資に関しては半分は自社のキャッシュフローで
半分はインフラファンド化したTRUEGIFの資金から調達するとしています。

Bt330億バーツの投資でブロードバンドネットワークで200万世帯(2014年度)から
1,000万世帯に2016年までに高速インターネット環境を整えるとしています。
さらに高速網としてトゥルー社のFTTxネットワークを
バンコク都内の90%まで整えることを目指し400万世帯の普及まで目指します。

同社の2014年度の1月~9月の業績は売上838億3700万バーツ、
純利益でマイナスの4億9500万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。