マレーシアのアイ社が高級不動産開発を発表

マレーシアのi-Berhad(IBHD)では72エーカーのi-Cityを開発を進めていて
最新のNew Yorkをテーマとした高層レジデンスタワー
Liberty Tower@i-Cityを発表しています。

Liberty Tower@i-Cityは、大規模な商業エリアのCentral Plaza Mallに近く、
同商業地区は150万平フィートの広さで450の小売店舗へのアクセスが
可能になります。
またLRTの駅にも3駅からのアクセスが可能です。
2018年に完成予定です。

同社は1967年設立の企業で不動産開発、不動産投資、
旅行・レジャー、ICTサービスなどをi-Cityブランドで展開しています。

同社の旧社名はSanyo Industries (Malaysia) Sdn Bhdで
1999年にI-Berhadへ変更しています。
同社の親会社はSumurwang Sdn. Bhdになります。

同社の2013年度の通年の業績は売上で1億5210万リンギ、
純利益では4400万リンギと大きく業績が伸びています。