2014年年末年始は5連休に変更される

タイ暫定軍事政権では2014年末~2015年1月2日金曜日を特別公休日に指定する
ことを決定しています。
このため、年末年始の連休が12月31日から1月4日まで5連休となるスケジュール
となりました。

タイ暫定軍事政権では2014年末~2015年1月2日金曜日を特別公休日に指定する
ことを決定しています。
このため、年末年始の連休が12月31日から1月4日まで5連休となるスケジュール
となりました。

タイでは通常31日と1日のみの休日が正月休みとなり、長期の連休は毎年4月の
ソンクラーン休暇が帰郷シーズンになります。
また華僑系は毎年旧正月において休みを取るケースが多いです。
(タイでは旧正月では祝祭日にはならない)

一方で、年末年始の大手の銀行やタイ証券取引所などの金融機関の休暇に
関しては今後タイ中央銀行が判断するとしています。