フィリピン証券取引所の概要

フィリピンの株式市場の歴史は東南アジアで最も古く、1927年にマニラ証券取引所
(MSE:Manila Stock Exchange)が設立され、当時フィリピンはアメリカ合衆国
の植民地のため、米国証券取引制度を模倣。
戦後1963年にはスペイン系財閥と地元証券会社数社が同国2番目の
マカティ証券取引所(MkSE:Makati Stock Exchange)を設立しました。

フィリピンの株式市場の歴史は東南アジアで最も古く、1927年にマニラ証券取引所
(MSE:Manila Stock Exchange)が設立され、当時フィリピンはアメリカ合衆国
の植民地のため、米国証券取引制度を模倣。
戦後1963年にはスペイン系財閥と地元証券会社数社が同国2番目の
マカティ証券取引所(MkSE:Makati Stock Exchange)を設立しました。

1993年に両取引所は合併、フィリピン証券取引所(Philippine Stock 
Exchange(PSE))を設立しました。

フィリピン総合指数 PSEi(PSE Composite Index)とは
フィリピン証券取引所上場の商工業、不動産、鉱業、石油セクターの銘柄30社
などの時価総額加重平均指数で構成されます。
1994年9月30日基準日でその日の時価総額を2922.21として算出されます。
2012年に同指数PSE Compositeは初めて5,000ポイント台を突破。
その後急速に株価を上げ、同年末には6,000ポイントに近い数字で終えました。
2013年には同指数は6,000ポイントを越え、2014年9月には一時7414ポイント
まで上昇しました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。