タイの食品加工機械、冷蔵機械のパトコン社がミャンマー進出

タイの食品加工機械、冷蔵機械のパトコンPatkol(PK)社では
2015年度よりミャンマーにおいて事務所を開設すると発表しました。

代表取締役Sangchai Chotchuangchatchaval氏は
これまでフィリピン、インドネシア、マレーシア、ベトナムの各国に
駐在事務所を置いていて、カンボジア、ラオスはタイ国内で管理しています。
アセアン経済共同体Asean Economic Community(AEC)が2015年末より
動きだし、7億人の市場が大きく成長するだろうとコメントしています。

パトコン社はバンコク都内キンケーオ工場に1万平米の工場を保有していて
今後トレーニングセンター、設備設置、配送のサービスをアップグレードする計画です。
同社の売上の80%が国内売上で20%が海外売上になります。
5年以内にこの比率を50:50へしていくのが目標で、
2014年1月~9月の売上Bt29億7300万バーツ、純利益Bt1億3255万バーツになっています。