原油価格が下落することで受ける航空会社の影響

2014年11月OPEC石油開発機構の生産量維持の決定により石油価格の下落が
起こる可能性が大きくなっています。
OPEC秘書官のAbdalla Salem El-Badri氏が第166回OPEC声明の中で生産量の
維持を発表したことで、ニューヨーク商業取引所の時間外取引で米テキサス産軽質油
West Texas Intermediate:WTI先物価格は一時、前日比-5.9USドル安の1バレル=
67.75ドルをつけています。

2014年11月OPEC石油開発機構の生産量維持の決定により石油価格の下落が
起こる可能性が大きくなっています。
OPEC秘書官のAbdalla Salem El-Badri氏が第166回OPEC声明の中で生産量の
維持を発表したことで、ニューヨーク商業取引所の時間外取引で米テキサス産軽質油
West Texas Intermediate:WTI先物価格は一時、前日比-5.9USドル安の1バレル=
67.75ドルをつけています。
ロンドン取引所の英国産北海ブレントBrent North Sea crudeの先物価格は
一時、1バレル=71.25ドルをつけました。

石油開発系企業にはダメージを受けるものの、アジアの航空会社の株価は
反発しています。

香港証券取引所では中国国際航空Air Chinaが+6.44%の上昇。
キャセイ航空Cathay Pacificが+5.04%の上昇。
タイ証券取引所のタイ国際航空(THAI)は+1.03%増
エアアジア・タイのアジア・アビエーション(AAV)は+4.0%増
ノックエアー(NOK)は+8.4%増、バンコク・エアウェイズ(BA)は+2.39%増と
なっています。