タイ 日産第2工場

日本の自動車メーカー日産自動車116億バーツを投資してトラック系、商用車系の自動車の量産を
進めます。第2工場はサムットプラカンSamut Prakan県で設立予定で、
生産能力を倍にするとしています。

新工場は2014年に稼働予定で+年産15万台を計画しています。
既存工場の分を合わせて年産30万台~35万台に乗せるとしています。
日産自動車ではタイを戦略的な生産基地国として、アジア各国からの部品調達をおこない、
最終組み立てを行った後世界へ輸出していきます。

日産は2010年よりマーチを全面的移管を決定し、日本で走る分もタイから逆輸入しています。
三菱自動車もミラージュをタイで生産。日本で走る分もタイから逆輸入をしています。

トヨタモータータイランド(TMT)は
サムットプラカーン県、チャチェンサオ県、バンポー県に3つの工場で展開しています。
三菱自動車タイは レムチャバン貿易港へ隣接するレムチャバン工業団地内に
展開しています。
マツダはフォード社と共にイースタンシーボード工業団地内で。
ホンダはアユタヤ県にて展開しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。