プラユット首相は可能な限り早期に4G携帯通信プロジェクト入札を指示

プラユット・チャンオチャーPrayut Chan-o-cha首相は可能な限り早期に
4G携帯通信プロジェクト入札を指示しています。
入札ライセンスに関して国家データベースセンターの建設と同時に国家
ブロードバンドネットワーク構築も急がせるとしています。
同氏は”デジタルエコノミー”に関する講演の中でコメントし政府目標で
国家の競争力を上げ、デジタルに関する産業育成・促進する政策を進める
と発表。
高齢者・障害のある方もデジタルエコノミーの恩恵を得られるとしています。

プラユット・チャンオチャーPrayut Chan-o-cha首相は可能な限り早期に
4G携帯通信プロジェクト入札を指示しています。
入札ライセンスに関して国家データベースセンターの建設と同時に国家
ブロードバンドネットワーク構築も急がせるとしています。
同氏は”デジタルエコノミー”に関する講演の中でコメントし政府目標で
国家の競争力を上げ、デジタルに関する産業育成・促進する政策を進める
と発表。
高齢者・障害のある方もデジタルエコノミーの恩恵を得られるとしています。

2014年に第4世代通信サービスの入札が実施される予定でしたが、タイ国家放送・
通信委員会(NBTC)はクーデター後実施の見送りを決定。
各民間の携帯通信会社は携帯4G回線の入札実施を強く希望するとコメントを
出していました。

実際には2013年年5月にトゥルームーブ(True Move)社が4Gサービスを発表。
ノルウェー資本のDTAC(DTAC)社も4Gサービスを発表しています。
ただし2014年12月現時点では各キャリアが提供するサービスは既存3Gで
使われている周波数帯の一部を分けて提供しているだけになっています。

NBTCによれば今後、光ファイバー通信網の構築として16の事業ライセンス
を準備、総数50万Kmのインフラ網を計画していくとしています。