タイのエネルギー大臣は小規模発電事業者への開発プログラムに関して計画見直しを検討

タイのエネルギー大臣のNarongchai Akrasanee氏は小規模発電事業者への
開発プログラムに関して計画見直しを検討するとしています。
背景には小電力発電事業者への条件、優遇があるとしています。
タイのエネルギー政策の3つの主要な柱として安全性の確保、価格と資源の
経済性、環境生態系への影響の3つを挙げています。

タイのエネルギー大臣のNarongchai Akrasanee氏は小規模発電事業者への
開発プログラムに関して計画見直しを検討するとしています。
背景には小電力発電事業者への条件、優遇があるとしています。
タイのエネルギー政策の3つの主要な柱として安全性の確保、価格と資源の
経済性、環境生態系への影響の3つを挙げています。

またSPPプログラムに基づくコジェネレーション発電、蒸気発電はIPP
プログラムでの発電業者よりも高い額で購入する結果となっていると
しています。

エネルギー政策委員会ではSPPプログラムでの購入契約で、
まだ稼働していない電力発電量は4000MW。
今後、同委員会では1000MW規模以上のSPPとの契約はしていかない予定
であるとしています。

タイでは大規模な独立発電事業企業として
ラチャブリ・エレクトリシティ(RATCH)、エレクトリシティ・ジェネレーティング
(EGCO)、グロー・エナジー(GLOW)が大手ですが、THAI AGRO ENERGY(TAE)
AMATA B. GRIMM POWERインフラファンド(ABPIF)、CK POWER(CKP) 
SAHACOGEN (CHONBURI)(SPG) なども発電所を運営しています。