マレーシアのMMC コーポレーション、収益向上のため、買収案件を強化

MMC コーポレーション(MMCORP)では主たる業務は輸送・発電を行う企業です。
同社は同社のさらなる収益向上のため、買収案件を強化します。
MISC社(MISC)が保有するNCB Holdings社の株式15.7%を2億2,100万リンギ
から取得。
これによりNCB Holdings社における第2位の株主になります。

MMCコーポレーション(MMCORP)では主たる業務は輸送・発電を行う企業です。
同社は同社のさらなる収益向上のため、買収案件を強化します。
MISC社(MISC)が保有するNCB Holdings社の株式15.7%を2億2,100万リンギ
から取得。
これによりNCB Holdings社における第2位の株主になります。

MISC社は海運サービス大手になります。
船舶運営、海運と港湾管理を行う企業です。
天然ガス輸送、石油化学製品タンカーサービス、貯蔵・オフショアサービス
エンジニアリング・サービスなどを手掛けます。
同社は1968年設立で親会社はPetroliam Nasional Berhad社になります。

2013年度の通年の業績は売上で89億7100万リンギ、
純利益で20億8500万リンギでした。

MMCコープ社は富豪のSyed Mokhtar Al-Bukhary氏が保有する企業で
2013年度の通年の業績は売上で74億4500万リンギ、
純利益で2億2800万リンギでした。
同氏はPenangポート、Tanjung Pelepasポートの2港を管理しています。
今後、MISC社の株式取得に関してさらに取得比率を引き上げたいとしています。

MISC社側ではNCB社の株式売却に関して非エネルギー、非コア事業の売却を
推し進めるとしています。
NCB社の筆頭株主はマレーシアの投資企業ペラモダラン・ナショナル
Permodalan Nasional Bhdになり、47.7%を保有します。
続くのはKumpulan Wang Persaraan(9.1%)、Klang Port Authority(5.3%)
となります。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。