マレーシアの上場企業MKランドの開発計画

マレーシア証券取引所(BURSA)上場のMKランド・MK Land Holdings(MKL)社は
総額RM22億リンギを2年間掛けてDamansara Perdana, Damansara Damai, 
Ipohの3箇所へ投資します。
同社は政府の許認可を待つ状態でグループCEOのLau Shu Chuan氏はこれまで
クランバレーを中心に投資をしてきて、セミ・デタッチドハウスと呼ばれる
一戸建てを二つつなげたタイプの住居開発としてRafflesia@Park,
Rafflesia@Hill,Rafflesia@Peakブランドで開発してきました。

マレーシア証券取引所(BURSA)上場のMKランド・MK Land Holdings(MKL)社は
総額RM22億リンギを2年間掛けてDamansara Perdana, Damansara Damai, 
Ipohの3箇所へ投資します。
同社は政府の許認可を待つ状態でグループCEOのLau Shu Chuan氏はこれまで
クランバレーを中心に投資をしてきて、セミ・デタッチドハウスと呼ばれる
一戸建てを二つつなげたタイプの住居開発としてRafflesia@Park,
Rafflesia@Hill,Rafflesia@Peakブランドで開発してきました。

MK Land社では1戸あたり50万リンギのコンドミニアム開発を手掛けてきていて、
イポーでは一戸建て、1階建てタイプ、2階建てタイプを20万リンギ~
40万リンギで開発しています。
ペラク、ケダウでは2,023ヘクタールの不動産を短期中期的に開発していく
計画です。

同社は不動産に関する開発、投資、レンタル、マネジメントを手掛けていて、
不動産開発、レジャー、不動産投資、教育の4つの事業を手掛けています。
リゾート、ホテル、テーマパーク、ゴルフコースも運営しています。
2014年度の通年の業績(6月末決算)は売上で4億8870万リンギで、
純利益で6,570万リンギでした。