マレーシア上場企業のファーマ・ニアガ社では第3四半期を発表

マレーシア上場企業のファーマ・ニアガ社(PHRM)では第3四半期までの業績を
発表し、売上で14億9500万リンギ、純利益では5700万リンギでした。
ジェネリック医薬品のサプライヤー、製造に関する分野が好調で業績を
伸ばしています。
マレーシア政府系病院からの受注が増えています。
業務効率化、ボトムラインの改善業務なども業績に反映されたと同社の
会長であるLodin Wok Kamaruddin氏はコメントしています。
2014年度はインドネシアにて製造工場を購入し同国での市場シェア拡大も
目指します。

マレーシア上場企業のファーマ・ニアガ社(PHRM)では第3四半期までの業績
を発表し、売上で14億9500万リンギ、純利益では5700万リンギでした。
ジェネリック医薬品のサプライヤー、製造に関する分野が好調で業績を
伸ばしています。
マレーシア政府系病院からの受注が増えています。
業務効率化、ボトムラインの改善業務なども業績に反映されたと同社の会長
であるLodin Wok Kamaruddin氏はコメントしています。
2014年度はインドネシアにて製造工場を購入し同国での市場シェア拡大も
目指します。

同社はマレーシアとインドネシアで展開するヘルスケア製品、医薬品大手で、
輸送・配送、製造分野に分かれています。
特にジェネリック医薬品を扱い医療用機器も扱います。
本社はシャアラームで親会社はボーステッド・ホールディングス
Boustead Holdings(BOUS)になります。

ボーステッド社(BOUS)はマレーシアの大手農園、不動産、医薬品、船舶、貿易、
金融を扱う企業で
農園→ パームオイル・パームオイル関連サービス
不動産→ 住宅用不動産、ホテル
医薬品→ ジェネリック医薬品・医療用機器
船舶→ 船舶修理サポート 
金融→ 投資・イスラム金融 など幅広く展開しています。
2013年度の通年の業績は売上で、112億1200万リンギ、純利益では
4億7800万リンギでした。
1828年設立の本社はクアラルンプールにあります。