タイ中央銀行、政策金利を年+2.0%で据え置く

タイ中央銀行は、金融政策委員会を開き政策金利を年+2.0%で据え置くことを
決定しています。
タイ国内経済は予想よりも遅れているとコメントしていて、金利を据え置くこと
を発表しています。
-0.25%の引き下げも予想されていましたが、5人の委員が据え置きを
支持しました。

原油価格がさらに下落を続けていて、タイの上場上位企業指数構成比率の高い
資源関連セクター株を中心に売りが出ました。

タイ中央銀行は、金融政策委員会を開き政策金利を年+2.0%で据え置くことを
決定しています。
タイ国内経済は予想よりも遅れているとコメントしていて、金利を据え置くことを
発表しています。
-0.25%の引き下げも予想されていましたが、5人の委員が据え置きを支持しました。