インドネシアのフラッグ・キャリアであるガルーダ・インドネシアのGMFエアロアジアがビンタン社と提携

インドネシアのフラッグ・キャリアであるガルーダ・インドネシア(GIAA)の子会社、
PT GMF AeroAsiaでは航空機メンテナンス、修理修繕、オーバーホールサービス
を手掛けます。
定期点検、重機取り扱い、航空機機体管理などをする企業です。
同社はビンタン・アビエーション・インベストメント社と覚書きを交わし、
同社と航空機工業におけるR&Dに関する共同事業を進めるとしています。

インドネシアのフラッグ・キャリアであるガルーダ・インドネシア(GIAA)の子会社、
PT GMF AeroAsiaでは航空機メンテナンス、修理修繕、オーバーホールサービス
を手掛けます。
定期点検、重機取り扱い、航空機機体管理などをする企業です。

同社はビンタン・アビエーション・インベストメント社と覚書きを交わし、
同社と航空機工業におけるR&Dに関する共同事業を進めるとしています。

また、開発地区はシンガポールに近いバタム-ビンタン·カリムン自由貿易ゾーンの
一部であり、サプライチェーン·マネジメントと航空市場を統合することで競争力を
向上させたいとしています。
両社では今後ボーイングB747やB777、エアバスA330機などの大型機のメンテナンス
なども手掛ける体制を整えるとしています。

ビンタン・アビエーション社はインドネシアの財閥サリム・グループの傘下
シンガポール証券取引所(SGX)上場のGallant Venture Ltd(GALV)の子会社企業です。
ガラント・ベンチャーはインドネシア国内にあるバタム島、ビンタン島の工業団地の
開発運営を手掛けています。
2013年度の通年の業績は売上で18億5400万Sドル、純利益では4,750万Sドルでした。
総資産は52億Sドルになります。

ガルーダインドネシアの2013年度の通年の業績は売上で37億1600万ドル、
純利益では1,100万ドルとなっています。