インドネシアの第3位の航空会社スリウィジャヤ・エアーは年末増便体制

インドネシアの第3位の航空会社スリウィジャヤ・エアーSriwijaya Airでは、
2014年年末のシーズンに旅客席枠を増やすとしています。
12月15日~1月5日まで47,160席を追加します。
クリスマス休暇から新年休暇への需要に応えるとしています。
同社マネージャーAgus Soedjono氏はハブ空港のあるジャカルタ、マカッサル、
南スラウェシなどでの接続便が主な増加分であるとしています。
Jakarta – Malang路線では1日3便を4便へ増加。
同社の子会社のNamAirも増便体制を取るとしています。

インドネシアの第3位の航空会社スリウィジャヤ・エアーSriwijaya Airでは、
2014年年末のシーズンに旅客席枠を増やすとしています。
12月15日~1月5日まで47,160席を追加します。
クリスマス休暇から新年休暇への需要に応えるとしています。

同社マネージャーAgus Soedjono氏はハブ空港のあるジャカルタ、マカッサル、
南スラウェシなどでの接続便が主な増加分であるとしています。
Jakarta – Malang路線では1日3便を4便へ増加。
同社の子会社のNamAirも増便体制を取るとしています。

同社は2003年設立、スマトラ島をベースにインドネシア国内の都市を結んでいる
航空会社です。
過去栄えたシュリーヴィジャヤ王国から名付けられました。
保有機は36機で主に国内線が多いのですが、国際線ではシンガポールとマレーシアを
つないでいます。