違法就労の可能性の高いベトナム人の登録手続きを開始する予定

タイ労働省では違法就労の可能性の高いベトナム人の登録手続きを開始する
予定であるとしています。
開始は2015年3月からとしています。
ミャンマーやラオス、カンボジアなど彼らに合法的なステイタスを与えていく
流れの一環としています。
タイ労働省のSurasak Kanjanarat大臣は内閣の承認を待ち、2月通過すれば
3月からの登録手続き開始を進めるとコメントしています。

タイ労働省では違法就労の可能性の高いベトナム人の登録手続きを開始する
予定であるとしています。
開始は2015年3月からとしています。
ミャンマーやラオス、カンボジアなど彼らに合法的なステイタスを与えていく
流れの一環としています。

タイ労働省のSurasak Kanjanarat大臣は内閣の承認を待ち、2月通過すれば
3月からの登録手続き開始を進めるとコメントしています。
2014年度はカンボジア、ミャンマー、ラオスでの違法就労者向けの登録手続き
を開始しています。
今後この手続きを終えた労働者は1年の労働許可証を合法的に得られる手続き
に進めるようにしていきます。

今回適応されるのは非熟練労働者でタイ人と労働競争に該当しないレベルを
対象とします。
登録手続きはバンコク、パトムタニ、ノンタブリー、サムットプラカーン、
アユタヤーなどで行われます。
2014年度の同省データではミャンマー、カンボジア、ラオスの単純労働者登録は
2014年6月~10月まででおよそ153万人、その扶養家族92,000人があったと
しています。