タイとインドネシアの自動車生産台数推移

タイとインドネシアの自動車生産台数推移では、2014年度インドネシアの自動車
生産台数はインドネシア自動車工業会ガイキンドの発表で前年比+7.5%増で、
1,298,523台となっています。
2014年度のタイの自動車生産台数は前年比-23%減で188万7台となっています。
インドネシアの2014年通年の販売台数は前年比-1.8%減の120万8019台でした。
インドネシア国内の経済成長の減速、ルピア安に伴う金利の高止まりなどで
2009年以来5年ぶりに前年比マイナスとなっています。

タイとインドネシアの自動車生産台数推移では、2014年度インドネシアの自動車
生産台数はインドネシア自動車工業会ガイキンドの発表で前年比+7.5%増で、
1,298,523台となっています。
2014年度のタイの自動車生産台数は前年比-23%減で188万7台となっています。

インドネシアの2014年通年の販売台数は前年比-1.8%減の120万8019台でした。
インドネシア国内の経済成長の減速、ルピア安に伴う金利の高止まりなどで
2009年以来5年ぶりに前年比マイナスとなっています。
タイの2014年度の販売台数は前年比-33.7%下落で88万1832台でした。
輸出台数は112万8102台で、ほぼ変わらずでした。

タイの自動車部品大手として
アーピコハイテック(AH)、ソンブーンアドバンスド・テクノロジー(SAT)などが
あり、未上場企業でサーミット・グループなどが日系自動車メーカーの部品製造を
おこなっています。

インドネシアではアストラ・オートパーツ自動車部品(AUTO)
トヨタ&ダイハツなどの自動車部品製造企業、セラマット・セムプル
ラディエーター(SMSM)などが自動車部品製造をおこなっています。