タイでジーンズ・衣料を販売するMcグループはPTTと交渉中

タイでジーンズ・衣料を販売するMcグループ(MC)では石油・天然ガス大手のPTT
と交渉し、PTTのガス・ガソリンステーションにて衣料販売を進める計画を
交渉しています。
アセアンの進出済み国でも同様に進めたいとしています。
CEOのSunee Seripanu氏は同企業の子会社PTT Retail Management 
Coと交渉中でアセアンへ向けた統一市場への展開も視野に入れています。
アセアンでの国際ジーンズブランドを目指すとしています。

タイでジーンズ・衣料を販売するMcグループ(MC)では石油・天然ガス大手のPTT
と交渉し、PTTのガス・ガソリンステーションにて衣料販売を進める計画を
交渉しています。
アセアンの進出済み国でも同様に進めたいとしています。
CEOのSunee Seripanu氏は同企業の子会社PTT Retail Management Co
と交渉中でアセアンへ向けた統一市場への展開も視野に入れています。
アセアンでの国際ジーンズブランドを目指すとしています。

PTTのガソリンスタンドはバンコク、郊外、地方へ浸透していてラオス、
カンボジア、フィリピンなどにも展開中です。
コンビニエンスストアを併設しているケースも多く、高い消費パワーを持っている
としています。
Mcグループでは2015年度上半期中にPTTガソリンスタンド内の数店舗で同ジーンズ
ショップを展開する予定です。
100平米ほどのスペースでジーンズだけでは無く、ライフスタイルアイテム
“Mc luggage”なども販売します。

Mcグループは、Mcブランドでジーンズをタイ国内で長く展開していて、
ファッション・ライフスタイルプレイヤーとしての地位を築いています。
PTTとの提携事業以外に同社では60店舗のMcショップを2015年に出店予定で、
2億バーツを掛けて出店していきます。
2013年度の通年の業績は売上で30億1700万バーツ、純利益では7億3300万バーツ
でした。
タイのジーンズ市場100億バーツ内の40%を同ブランドのシェアであるとしています。
2015年度は売上50億バーツを目指します。