タイのTV局運営MCOT社はデジタルTV受信機を普及する計画

タイのTV局運営MCOT社は2015年半ばまでにデジタルTV受信局ネットワークの
普及率をタイ国内2300万世帯の80%をカバーする目標を立てています。
MCOT社のダイレクターのSivaporn Chomsuwan氏はタイの送受信産業からの入札
があり、IT通信企業のロクスレ-Loxley(LOXLEY),
サマート子会社サマートコムテックSamart Comtech,
インターナショナルリサーチコープInternational Research Corporation
ゼセンテクノロジーZsen Technologyなどが参加。

タイのTV局運営MCOT社は2015年半ばまでにデジタルTV受信局ネットワークの
普及率をタイ国内2300万世帯の80%をカバーする目標を立てています。
MCOT社のダイレクターのSivaporn Chomsuwan氏はタイの送受信産業からの入札
があり、IT通信企業のロクスレ-Loxley(LOXLEY),
サマート子会社サマートコムテックSamart Comtech,
インターナショナルリサーチコープInternational Research Corporation
ゼセンテクノロジーZsen Technologyなどが参加。
入札には1億400万バーツでロクスレ-が勝ち取りました。

MCOT社はデジタルTV受信機で39のメインタワーを揃え、タイ国内の総世帯数80%
をカバーする予定です。
同社では今回の計画で3億1850万バーツを準備し総額4.4億バーツで投資していきます。
同社の2013年度の通年の業績は売上で59億8400万バーツで、
純利益では15億2600万バーツでした。