タイ国営石油開発PTTは開発計画の見直しを進める

タイ国営石油開発PTT Exploration & Production(PTTEP)では、6年ぶり
原油価格の下落によって石油開発区の購入、合併吸収などへ投資する計画を
進めようとしています。
積極的にタイ国内と海外での権益に関して購入または吸収、株式購入をしていく予定
で新規に開発を進めるよりは低い価格で購入出来るとしています。
PTTEP社では5つの海外事業の計画見直しをしていて、ミャンマー、モザンビーク、
カナダ、オーストラリア、アルジェリアなど開発中の案件です。

タイ国営石油開発PTT Exploration & Production(PTTEP)では、6年ぶり
原油価格の下落によって石油開発区の購入、合併吸収などへ投資する計画を
進めようとしています。
積極的にタイ国内と海外での権益に関して購入または吸収、株式購入をしていく予定
で新規に開発を進めるよりは低い価格で購入出来るとしています。

PTTEP社では5つの海外事業の計画見直しをしていて、ミャンマー、モザンビーク、
カナダ、オーストラリア、アルジェリアなど開発中の案件です。
当初は1バレル=70ドルで想定していましたが、1バレル=55ドルになり見直しを
図られるようになりました。
アメリカでのシェールガス採掘によって原油価格はU字回復のシナリオ、V字回復の
シナリオ、またはL字回復として低い価格のまま推移する可能性も検討しています。

PTTEP社はタイ証券取引所上位企業で2013年度の通年の業績は
売上で 2289億バーツ  純利益では561億バーツでした。
会計上、1バレル=30ドルを下回ると損失が出始めますが、キャッシュフローに
おいては問題は無いとしています。

PTTEP社は同国最大企業タイ国営石油(PTT)の子会社でタイ国内のみならず
アフリカ、中東、オーストラリアなどでの石油開発、採掘を手掛けています。