天然ガス自動車の燃料(NGV)は50サタン引き上げ

天然ガス自動車の燃料(NGV)は50サタン引き上げられています(1バーツ=100サタン)
世界の天然ガス価格の影響を受けたことを理由としています。
1月31日よりNGV価格10バーツへは1キロあたり12.50バーツから13バーツへ
引き上げられました。
公共車両向けには9.50バーツ→引き上げられています。
エネルギー省の大臣Narongchai Akrasanee氏は軍事政権立法議会
National Legislative Assembly(NLA)で決定されたとし、実際のコストである
1キロあたり15~16バーツまで引き上げる可能性も示唆しています。

天然ガス自動車の燃料(NGV)は50サタン引き上げられています(1バーツ=100サタン)
世界の天然ガス価格の影響を受けたことを理由としています。
1月31日よりNGV価格10バーツへは1キロあたり12.50バーツから13バーツへ
引き上げられました。
公共車両向けには9.50バーツ→引き上げられています。
エネルギー省の大臣Narongchai Akrasanee氏は軍事政権立法議会
National Legislative Assembly(NLA)で決定されたとし、実際のコストである
1キロあたり15~16バーツまで引き上げる可能性も示唆しています。

タイ証券取引所で天然ガス燃料販売などをおこなっているのは
Siamgas & Petrochemicalsサイアムガス&ペトロケミカル(SGP) 
天然ガス・LPG販売事業 売上 662億B 純利益 16億Bが大手になります。

タイ国営石油(PTT)では自社保有であるバンチャーク石油(BCP)の株式27.2%を
放出する計画を出していて、売却先としてガソリンスタンド経営のSusco(SUSCO)、
同業のPTG Energy(PTG)、PMグループなどが候補としています。