タイのLCC格安航空会社ノックエアーでは国際線より国内線を重視の戦略

タイのLCC格安航空会社ノックエアー(NOK)では
国際線より国内線を重視の戦略を打ち出しています。
国際線の拡大は遅らせて国内線の拡充を進めます。
まずはドンムアン発着の~中国、ベトナムの路線を進めます。
ホーチミンシティはやや遅れる見通しです。

タイ国内での需要増が今後見込めることもあり、国内市場のカバーを進めます。
バンコク~ヤンゴン(ミャンマー)は既に2013年年末から運航開始でボーイング
Boeing 737-800で運航しています。
ノックエアー(NOK)では2014年度タイ証券取引所に上場していて、
売上で113億1400万B 純利益では10億6600万Bでした。

Nok Air社では2014年搭乗者総数800万人を、2015年度は1000万人まで目指します。
原油価格はすでにボトムを越えたと見ていて、2015年度の利益率が前年度より
高くなることも予想しています。