タイの屋外広告第2位の規模を誇るプランBメディアが上場

タイの屋外広告第2位の規模を誇るプランBメディアPlan B Media
(PLANB)ではタイ証券取引所IPOにおける上場で投資家へ高い利益を
返還出来ると自信を示しています。
代表取締役のPinijsorn Luechaikajohnpan氏は2015年2月に
上場予定であるとしています。
主幹事はブアルアン証券で、IPO時におよそ25%を放出する計画です。

同社の事業は屋外広告がメインで2,500台の大量輸送バスのラッピング広告、
BMCLが運営する地下鉄の18駅内広告、大型商業施設の屋外広告、高速道路の
大形看板などでの広告収入がメインとなります。
屋外広告シェア20%を占めます。

ライバル企業としてBTS駅構内広告、店舗内広告VGIグローバルメディア
(VGI)は2013年度の通年の業績は売上で31億9500万バーツ、
純利益では11億4500万バーツでした。
 
ライブインコーポレーション(LIVE)も同業で売上3億1800万バーツ、
純利益で6300万バーツでした。
マスターアドMaster Ad(MACO)売上で7億4500万バーツ、
純利益で1億7300万バーツでした。