タイ国内経済成長率は+4.3%増の回復が見込めるとアユタヤ銀行が予測

インフラプロジェクトの開始と大規模予算の執行によって、
タイ国内経済成長率は4.3%増の回復が見込めるとアユタヤ銀行(BAY)の
エコノミストがコメントしています。
アユタヤ銀行のマクロエコノミックリサーチのトップ
Sujit Chaivichayachat氏はインフラプロジェクトの開始などで
中長期的にタイ経済は回復する予想を出しています。

アユタヤ銀行(BAY)は2014年度末の業績を発表していて、
総資産は1兆2142億バーツで資産規模第5位。
純利益では141億6900万バーツとなっています。
しかし、2015年1月よりバンコクにあった三菱東京UFJ銀行バンコク支店
BTMU Bangkokを合併していて、その効果は第1四半期より現れます。

一方でサハ・グループの会長Boonsithi Chokwatana氏は、2015年
GDP成長率は2%台の成長率であると悲観的な見方を出しています。
成長のドライブに目新しい要因が無いためであるとしています。
ただ、良い点ではアセアンの中でハブ的な役割が出来る国であるとしていて、
近隣のミャンマー、ラオス、カンボジアなどのバーツ経済圏にある国と成長を
進めることが出来るとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。