バンコク銀行の2014年度の業績を発表と銀行口座開設条件の変更

タイのトップ金融機関のバンコク銀行(BBL)では2014年度の業績を
発表しています。
14年末時点での総資産は2兆7598億バーツ「業界1位」で、
前年比+6.2%増となりました。
純利益では363億3300万バーツでした。
前年比+1.1%増になっています。

同行は潮州系ソンポーンパニット財閥が始まりで、シーロムに本店があります。
1944年に設立され、2013年末時点では1,100店舗、
海外支店は26店舗、中国、マレーシア、香港、インドネシア、日本、ラオス、
フィリピン、シンガポール、台湾、ベトナム、英国などに支店を構えています。
ミャンマーには駐在員事務所を設けています。

※バンコク銀行ではこれまでエンポリアム支店などで運転免許証と
パスポートで銀行口座開設が可能でしたが、2015年1月末より条件が
厳しくなりました。
<口座開設必要書類(各口座共通。別途規定のある口座を除く)>
パスポート、労働許可証 コピーでは受付不可。
原本:オリジナル 口座開設者本人

※労働許可証を保有していない場合、Non-Immigrant O, O-A等長期滞在ビザ
日本の運転免許証は身分証明書としてはご利用不可となりました。