タイの住宅開発で環境志向が強まっている:事例 プルックサーリアルエステイト

タイの住宅開発で環境志向が強まっているとして”Green”な生活、
環境フレンドリーな志向を好む層が増えているとしています。

タイの不動産大手プルックサー・リアルエステイト(PS)のCOOである
Lersak Chuladesa氏は、日本のパナホームを視察し住宅デザインを見て
環境や顧客志向をつかむことの必要性を学んだとしています。
またエネルギー消費の節約、環境フレンドリー、高齢者向けにやさしい、
クオリティオブライフを追求したモデルが必要となると見ています。

特に中間層よりも上のアッパーインカム層:500万バーツ以上の物件にニーズが
あると見ていて、同社では2015年バンコク都内のパタナカーン通り、
”The Plant”ブランドでエネルギーセービングプロジェクトタイプ第1号として
販売開始を予定しています。

プルックサー・リアルエステイト(PS)の2014年度の1月~9月の業績は売上で
305億4000万バーツ、純利益では47億7300万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。