マレーシアの国営自動車メーカーのプロトン・ホールディングスがインドネシア進出へ

マレーシアの国営自動車メーカーのプロトン・ホールディングス
(PROTON)は、インドネシアのアンディペルカサ・チトラ・レスタリ社
(未上場)とインドネシアにおける自動車開発と製造に関して覚書MOUを
締結したと発表しています。

2015年現在プロトン社はマレーシア証券取引所(BURSA)の
複合企業であるDRBハイコムDRB-Hicom Bhd社の子会社に
なっています。
インドネシア国産車を生産するためプロトン社の技術を導入する
計画です。
アンディペルカサ・チトラレスタリPT Adiperkasa Citra Lestari
(PT ACL)社のCEOであるAbdullah Mahmud Hendropriyono氏は
インドネシアにとって国産車の開発は主要産業になるとの見方を
示しています。

Abdullah氏は、現大統領Jokowi氏の支援者である
Megawati Soekarnoputri氏と親しい関係の人物です。
メガワディ氏はインドネシアの政治家で同国の第5代大統領
2001年7月23日 – 2004年10月20日でした。
所属政党はインドネシア闘争民主党です。
両社では双方で開発・技術・販売・メンテナンスなどで、
まずは事前調査を進めます。