タイ バンコクエアウェイズ(未上場)

タイのブティックエアー・バンコクエアウェイズ(未上場)では
香港の旅行者を獲得すべく、サムイ島~香港間のルート増設を検討しています。
これまではバンコク~香港間がメインでしたが、
週10便であったものを週14便まで増加します。

バンコクエアウェイズの副社長ML Nandhika Varavarn氏によるとしばらくは
スワンナプーム国際空港の利用を続け、いずれドンムアン国際空港も利用する考えです。

現在の国際線はクアラルンプールKuala Lumpur シンガポールSingapore
香港Hong Kong、ルアンパパン(ラオス)、プノンペン(カンボジア)、シェムリアップ
(カンボジア)ヤンゴン(ミャンマー)となっています。

スワンナプーム国際空港をメインにすることは海外旅行客の獲得に有利で
あり、当分は利用を続け、LCCとレガシーエアラインとの間のニーズを
取っていく計画です。