インドネシアのインドモービルスクセスでは先進国までバイク輸出をさらに増加する

自動車部品、自動車組み立て大手のPTインドモービルスクセス
PT Indomobil Sukses International(IMAS)では、
オートバイをオーストラリア、日本、ヨーロッパなどへ
輸出・出荷を開始します。
合計数20,000台を予定しています。
同社では良い品質と性能の良いエンジンを”Suzuki scooter”
ブランドで製造・輸出を進め、2015年度は50,000台の二輪を
海外向けに輸出、前年比+20%増を目標とします。
14年度は41,746台でした。
今後欧州向けには輸出を強化していく計画です。
同社の生産工場は西ジャワ地区で年産150万台を製造しています。

また、バッテリーではPT Furukawa Indomobil Battery
Manufacturing社を古河バッテリー社と合弁で生産しています。

インドモービルスクセス社はスズキ、日産、ボルボ、
ヴォルクスワーゲンなどの自動車組み立てをおこなう企業で、
自動車部門、金融部門、レンタルサービス部門などを展開します。
1987年設立で2013年度の通年の業績は売上で20兆947億ルピア、
純利益では5324億ルピアでした。
シンガポールのGallant Venture Ltd社の子会社になります。