住友商事がインドネシアのタブンガン・ペンシウナン銀行へ出資

日本の商社の住友商事ではインドネシアの中堅商業銀行
PT Bank Tabungan Pensiunan Nasional Tbk
バンク・タブンガン・ペンシウナン・ナショナル(BTPN)の株式
17.5%を560億円で取得したことを発表しています。

2014年までの出資比率は
1位 Sumitomo MitsuiBanking Corporation 40%
2位 TPG Nusantara S.A.R.L 25.8%
3位 Public  34.1%   Sumitomo Corporation 2.5%
 
同行は1958年設立で、インドネシア証券取引所に上場する
中堅銀行です。
当初の銀行名はBank Pegawai Pensiunan Militer(Bapemil)で、
退職軍人向けに金融サービスをおこなっていました。

同行はインドネシア国内で展開する中堅銀行で貯蓄、小切手、
年金、個人ローンなどを取り扱う商業銀行でジャカルタに本店を
構えます。
総支店店舗は1319店舗で2013年度の業績は総資産で
69兆6648億ルピアで、純利益では2兆1310億ルピアでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。