タイの農業協同組合銀行BAACの2015年度業績予想

タイ農業協同組合銀行
(Bank for Agriculture and Agricultural Cooperatives:BAAC)
では2015年度好調な業績になると予想しています。
BAAC金融組合はタイの農業政策で、商業銀行に農業分野へ低利融資を
提供させる法律とともにタイ農業・農業協同組合銀行が農家向けに
資金提供をしてきました。

同組合の2015年3月締めの数字は1050億バーツの融資で、
14年度分1080億バーツよりやや減少するとしています。
純利益では90億バーツの見通しです。
2014年上半期は政情不安があったものの、予想とほぼ変わらない
数字でした。

同組合上級幹部のSomsak氏は14年度はコスト削減の提案を
強化したためとし、ベトナムは1ライ3000バーツの生産コスト、
タイ側では1ライ4000~5000バーツの生産コストが掛かっているため、
よりコストを減らすことが出来るはずとしています。

新規ローンはBt767億バーツでコメ耕作、タピオカ、コーン、天然ゴム、
家畜などの栽培費用のローンとなります。
同組合では地方での店舗拡大が多かったのですが、
近年はバンコク都内エカマイ駅近く、バンナー駅近くなどにも
出店しています。