タイのクルンタイカードでは地方のパーソナルローンを強化する

クレジットカード大手クルンタイカード(KTC)では積極的に
地方のパーソナルローンの拡大を進めるとしています。
特に近隣諸国へ隣接する遠い県をターゲットとします。
14年年末まででKTC社の顧客60%は地方であり、この分野での
成長率は一ケタでした。
一方でバンコクを含む都市部では、二ケタ成長でした。
同社は地方でのローン市場はまだ成長余地があるとし、
70に及ぶ地方の県をターゲットとします。

2015年度はKTCの計画では14.6万件の新規顧客を獲得目標とします。
14年年末で60万件の顧客があります。
パーソナルローンの成長は+10.1%増でした。
業界全体では+4.6%増でした。

また、新規に働き始める層にもアプローチを試みオンライン、
インターネットでのアプローチを進めます。
地方ではクルンタイ銀行(KTB)を通じて販売促進をしていましたが、
銀行員は忙しいためダイレクトセールスの方が望ましいことが
分かったとしています。

KTCの2014年度の業績は売上では124億9700万バーツ、
純利益では17億5400万バーツになっています。