タイの水産最大手タイユニオンフローズンがサッカークラブ買収

タイ上場企業で水産最大手タイ・ユニオンフローズン・プロダクツ
(TUF)では、イングランドのチャンピオンシップ・リーグ
(イングランドサッカーリーグ2部)の「シェフィールド・ウェンズデイ
Sheffield WednesdayFC」を買収したと発表しています。
タイユニオンフローズン社では2014年末から交渉を開始していて、
現在の保有者Mr.Milan Mandaric氏は詳細の公表を避けました。

同クラブが所有するヒルズボローHillsboroughスタジアムは
4万人が収容出来、同国内でも有数の巨大スタジアムであり潜在力が
高いとタイ・ユニオン・フローズン社側では判断しました。

同クラブは1867年クリケットのザ・ウェンズデイ・クリケット・クラブ
(The Wednesday Cricket Club)からサッカー部門
シェフィールド・ウェンズデイFCを設立し、誕生したのが始まりと
されています。

タイ・ユニオン・フローズン社(TUF)では既に世界展開を果たしていて、
水産加工物のブランドJohn West, King Oscar, Petit Navire,
Parmentier, Mareblu,Centuryなどタイ国内ではSeaSelectなどの
缶詰ブランドが有名です。
2013年度の同社の業績は売上1142億バーツ 
純利益では28億バーツでした。
2014年度の同社の業績は1月~9月期で売上898億バーツ、
純利益43億バーツでした。

イングランドプレミアリーグのレスターシティLeicesterCityFCは
タイの免税店財閥KingPowerグループの
Vichai Srivaddhanaprabha氏が所有しています。