タイのスパ産業は2015年度二桁成長の見通し

タイのスパ産業は2015年度二桁成長の見通しで、
+15%増になる予測です。
Thai Spa Associationタイスパ協会の代表である
Krod Rojanastien氏は、2014年度は前年比+5%の
成長でしたが、15年度は大きく成長すると予測しています。

リゾート型スパは6~10%増加、ホテルスパは10~20%の増加を予測。
総合的な市場規模はBt310億バーツまで伸びる見通しです。
スパサービスなどの輸出も伸びる見通しです。
2013年度はスパビジネス市場は220億バーツでした。

14年度の前半は政情不安と混乱でバンコク中心部はホテル稼働率、
旅行者とも減少しました。
リゾート型スパはマイナ5~6%減、ホテルスパは10~30%減でした。

同協会では”World Spa and Well-being Convention”を
バンコクで開催予定。
同スパ業界の事業者をタイ国内、海外から招致するとしています。